レバレッジ・リーディングのススメ ホーム » スポンサー広告 » 株式投資 » 株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる
(2006/05/18)
中原 圭介

商品詳細を見る



■□━━━━━━━━━
 この本を読んだ目的
━━━━━━━━━□■
株式投資での資産運用に際して、具体的な銘柄選択のヒントを探す。
株式投資はギャンブルではないので、「勝ち方」という言い方は好きではありませんが、
いろんな視点から株式投資というものを勉強するためにも読んでみました。


■□━━━━━━━━━
    感想
━━━━━━━━━□■
>>要点
? 上昇トレンドでは「優良株」を中心に運用する
? ボックストレンドでは「仕手株」と中心に運用する
? 下降トレンドでは「材料株」を中心に運用する

Amazonのレビューを見る
それでは、レバレッジしていきましょう!


著者
中原圭介氏
金融機関、税務関係の仕事を経て、現在はファイナンシャルプランナーとして活躍。
ブログでも株式知識の普及に努めておられます。
中原圭介の資産運用塾 ?New?


表紙
『外国人投資家の動向をいち早く知り、彼らが作り出すトレンドを上手に利用すれば、
どんな相場でも儲けられるようになる。』そうです。
外国人投資家がトレンドを作り出すというのは、確かにそうです。
世界全体を見ても、以前「即戦力の磨き方」で紹介したように、
カルパースのような大きな機関投資家のお金の動向は要注目です。

なにより、投資するからには儲けたい!


目次
序 上げ相場でも下げ相場でも儲け続ける私の運用スタイル
1. 大きな上昇相場では「優良株」を中心に運用する
2. ボックス圏相場では「仕手株」を中心に運用する
3. 大きな下降相場では「材料株」を中心に運用する
4. 外国人の動向を追えばトレンドが分かる
5. 外国人の銘柄選びと売買タイミング
6. 新興市場株の銘柄選びと売買タイミング

結論から言うと、2?3章がこの本の「結論」です。
では、上昇相場、下降相場、ボックス圏相場をどのように見分けるか、
「優良株」とは何か、
「材料株」とは何か、
「仕手株」とは何か、
を知ることが本書を読む際のポイントとなります。


まえがきあとがき
ありませんでした(涙)


本文
先にも述べたように、
1. 大きな上昇相場では「優良株」を中心に運用する
2. ボックス圏相場では「仕手株」を中心に運用する
3. 大きな下降相場では「材料株」を中心に運用する
が本書の「結論」です。

従って、読む際のポイントは、
? 「優良株」「仕手株」「材料株」とはどのようなものか。
? 各トレンドをどのように見分けるか。
? 売りのタイミングはいつか。
に絞られます。

それでは、各相場ごとに順に見て行きましょう。

・上昇トレンド
優良株とは・・・
収益性、成長性が高く、財務内容もいい株で、国際的にもよく知られている
国際優良株をさす。平たく言えばグローバル・エクセレント・カンパニーですね。

上昇トレンドを見分けるには・・・
基本的には、上値抵抗線を突破すれば上昇トレンド入りの可能性ありと判断する。
しかし、「チャートのダマシ」の場合もあるので、もう一つの判断基準として、
上値抵抗線を突破する直前の山から引いたレジスタンス(天井)を、次の山では
そこをサポート(底)として上昇していけば、上昇トレンド入りと判断します。

いつ売るか・・・
上昇トレンドが継続しなくなったと判断してから。
「頭と尻尾はくれてやれ」

・ボックストレンド

仕手株とは・・・
ある特定の資金によって株価が意図的に操作され、吊り上げられる株のこと。
ある特定の資金とは仕手筋もそうですが、ファンドや投資顧問も指します。

ボックストレンドを見分けるには・・・
天井である上値抵抗線と底である下値支持線に挟まれて上にもしたにも突破できない状態。
ある範囲内で株価が推移していればボックストレンドと判断。
このとき、ボックストレンドでも、仮に下降トレンドであっても大丈夫なように、
仕手株と材料株を半々くらいで運用すればいいようです。

いつ売るか・・・
仕手株は短期間で株価が上昇したかと思うと、すぐに値を下げるので、
短ければ2,3日、長くても1,2ヶ月だそうです。
ここで注意しなければいけないのは、同じ仕手株の売買は決して繰り返さないことです。

それよりも、仕手株を探すほうが素人には難しいような。。。

・下降トレンド

材料株とは・・・
株価を押し上げる材料を持っている株のこと。
材料とは、業績の上方修正・増配・株式分割・増資・M&Aなどなど。

下降トレンドを見分けるには・・・
上昇トレンドの全く逆です。
下値支持線を突破すれば上昇トレンド入りの可能性ありと判断する。
しかし、「チャートのダマシ」の場合もあるので、もう一つの判断基準として、
下値支持線を突破する直前のサポート(底)を下降する株価が突き抜けて、
次の山ではそこをレジスタンス(天井)として下降していけば、下降トレンド入りと判断します。
できるだけ早く下降トレンドを見分け、「優良株」を保有しないことが必要です。

いつ売るか・・・
長くても1,2週間の短期的売買。
材料株を高値で売ろうとしてはいけないそうです。


>>次やること
この本に書いてあることを単純に実践することはできますが、
チャートを見ながら売買することは好きではないので、実行しません。


■□━━━━━━━━━
   目標達成度
━━━━━━━━━□■
★★★★★
僕の志向にはあっていませんが、目標は達成されているので、
★5つです。この本に書いてあることは、日本人の個人投資家が株式運用に関して
もっと勉強しない限り当てはまりそうなところが、おもしろいところです。


■□━━━━━━━━━
  関連ページ
━━━━━━━━━□■
中原圭介の資産運用塾 ?New?

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる
(2006/05/18)
中原 圭介


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://leveragereading.blog120.fc2.com/tb.php/40-7cf2aa67

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。