レバレッジ・リーディングのススメ ホーム » スポンサー広告 » 経営・経済 » 決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (朝日新書 44) 決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (朝日新書 44)
國貞 克則 (2007/05/11)
朝日新聞社
この商品の詳細を見る



■□━━━━━━━━━
 この本を読んだ目的
━━━━━━━━━□■
財務諸表を「読める」ようになるためです。僕は会計士でもなんでもないので、「作成する」ことはもちろん想定していません。
発端はベンジャミン・グレアムのバリュー投資です。バリュー投資において、企業価値とは何かを知ることは必須です。しかし、僕にはいまだに企業価値とはなんなのかがわかりません。そこで必要だと考えたスキルの一つが、財務諸表を読むことができることです。ただ読むだけではなく、そこから、企業の財務状態、経営方針を読み取ることができるようになりたかったのです。

■□━━━━━━━━━
    感想
━━━━━━━━━□■
驚くほどいい本でした。

「いい本」というのは、一般的にもいい本と言う意味ですが、僕にとって本当にいい本でした。
この本は、財務諸表を読むことができない全てのビジネスパーソンが読むべき本でした。それと共に、僕の目的に素晴らしくマッチした本でした。
この本を読むことで、僕のような会計に関してはドが付く素人でも財務諸表を読むことができるようになります

Amazonのレビューを見る
財務3表とは、損益計算書貸借対照表キャッシュフロー計算書のことです。

本書はドリル形式にいなっており、読者がサイドビジネスとしてショッピングサイトを開設するという想定で話が進んでいきます。
取引が発生するに従って、どのように財務3表が動くかを初心者でもわかるように説明してあるので、僕でも理解できました。実践的な内容になっています。

この本がすごいのは、ビジュアル的に、体系的に理解することができる点です。

会計はこれからの時代、全てのビジネスパーソンに必要な知識です。
僕はそう考えています。
財務諸表を読むことができない方、迷わずこの本を読むべきです。

■□━━━━━━━━━
   目標達成度
━━━━━━━━━□■
★★★★★

■□━━━━━━━━━
   関連記事
━━━━━━━━━□■
財務諸表論 講義
税理士試験・簿記論の学習方法や出題傾向の分析を行っています。たくさんのカテゴリ、記事があり、本1冊分以上の情報があるのではないでしょうか?!僕も色々勉強させていただきました。
今回紹介した本は、あくまで入門書であり、財務3表を読めるようにはなりますが、このようなブログを読むとやはり会計は奥が深いんだなぁと思い知らされるのです。

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (朝日新書 44)決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (朝日新書 44)
(2007/05/11)
國貞 克則


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

はじめまして。

ビジネス書書評ブログリングに、参加ありがとうございます。

もし、よろしければ、http://bizbook.ring.hatena.ne.jp/
へリンクを貼っていただけるとありがたいです。

それでは、今後ともよろしくお願いします。

2007-10-22 11:35 │ from ビジネス書書評・知識をチカラに:こばやしURL

よろしくお願いします。

「なぜレバレッジ・リーディングなのか?」の欄の最下部にバナーを貼っていますが、これではダメでしょうか?

お互い、ブログリングを盛り上げていきましょう!

2007-10-22 23:04 │ from 小谷URL

トラックバック

http://leveragereading.blog120.fc2.com/tb.php/18-37be4aac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。